【滋賀】聖徳太子が自ら刻んだ植木観音を祀る「百済寺」の御朱印

平成29年2月26日

滋賀県東近江市の「百済寺」へ。

釋迦山「百済寺」(ひゃくさいじ)は、推古天皇法興元年(590年)聖徳太子の御願により創建された、近江国最古の寺院とされます。

この地に、杉の大木の上半分が百済国・龍雲寺の御本尊となった巨木があり、その下半分に聖徳太子が十一面観音を刻まれたことから、御本尊:十一面観音菩薩は別名「植木観音」とも呼ばれるそう。

また、金剛輪寺・西明寺とともに天台宗の古刹として、湖東三山と称されます。

「山門」

本坊脇には木彫りのタヌキがお出迎え♪

青空のコラボ♪

「庭園本坊」

池泉回遊式庭園として、「天下遠望の名園」とも称されます。

庭園の展望台からは、遠く比叡山まで湖東平野の風景が一望♪

気持ちの良い参道を進みます。

「三椏」(ミツマタ)

御本尊の別名「植木観音」に因み、三椏の植木活動が行われています。

「仁王門」

「金剛」「力士」仁王像が立ち、夜間は草鞋を門脇に脱いで休まれるとか。

仁王像の草鞋は、健脚・長寿の願を掛けられるようになり、「草鞋が大きい程ご利益も大きい」とされ、現在は約3mにもなるそう!

「七転八起弁財天」

慶安3年(1650年)に建立されたが、豪雪や旋風で度々倒壊するも、その都度再建された七転八起の弁天様であり、信ずれば必ず目標達成に力を与えて下さるそう。

「本堂」

秘仏御本尊:十一面観音立像は、全高3.2mもあり、別名「植木観音」とも呼ばれます。

「鐘楼」

【御朱印】

寺務所でいただきました。

次は、金剛輪寺へ向かいます。


※百済寺  http://www.hyakusaiji.jp/


🌸滋賀の【御朱印】まとめ

【滋賀】の市町村別【御朱印】一覧
滋賀県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(32社寺・65体) 【大津市】 比叡山延...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする