【三重】丹波亀山城と間違えて天守を解体!?「亀山城跡」の御朱印&たぬき俵にぎり

平成30年2月11日

三重県内の登城記念御朱印めぐり第3弾は「亀山城跡」へ。

公式URL:http://www.igaueno.net/stamp_rally/index.html

「亀山城」は、文永2年(1265年)関実忠が最初に築城し、元亀4年(1573年)織田信長により関盛信が追放されるまで、関氏16代の居城であったそう。

また、天正18年(1590年)岡本宗憲が入城後、新たに築城されたが、寛永9年(1632年)丹波亀山城(京都府亀岡市)の修築を幕府から命じられた堀尾忠晴が、間違えて天守を解体したとの伝承があります。

「多門櫓」

18世紀後半に武器庫として建造され、明治期には士族授産の木綿段通工場として使用されたため、県内で唯一現存する城郭建造物としてその姿を残します。

「三重櫓跡」

寛永18年(1641年)本多俊次が天守閣の代わりに三層櫓を築いたとされます。

城跡は亀山公園として整備され、とても広いです。

公園内には昭和19年製造の機関車が展示されます♪

【御朱印】

JR関駅構内の亀山市観光協会でいただきました。

城跡からはかなり遠いです・・・


<亀山城跡>

住所:三重県亀山市本丸町575-2

駐車場:公園の駐車場あり


多門櫓の脇には「亀山神社」が鎮座します。

「亀山神社」は、延享元年(1744年)石川総慶が亀山城に入城した際、小祠を設けたのが始まりとされ、明治41年(1908年)には真澂神社に亀山皇太神社などを合祀し、現在地に移転したそう。

境内には巨大な御神木が聳えます。

「出世稲荷」

「撫で牛」

「拝殿」

御祭神:源義家公・源義時公・石川義純公を祀り、武運長久・子孫繁栄などが祈願されます。

社務所が閉まっており、御朱印の有無は分かりませんでした。


JR関駅に隣接する道の駅「関宿」へ寄り道♪

名物は「たぬき俵にぎり」だとか!

おにぎりに天かすとネギと醤油が絶妙に混ぜられ、なんだか懐かしいお味でした♪


<亀山市観光協会>

住所:三重県亀山市関町新所664-2(JR関駅構内)

電話:0595-97-8877

駐車場:隣接する道の駅「関駅」に数十台あり

公式URL:http://kameyama-kanko.com/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・134体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大判 御朱印帳 ちょうちょ(パープル)
価格:2106円(税込、送料別) (2018/2/16時点)


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする