【奈良】天の岩戸を開いた吉祥の「ニワトリ」がいっぱい♪「石上神宮」の御朱印

平成29年4月30日(※H30.9.8追記)

奈良県天理市の「石上神宮」へ。

「石上神宮」(いそのかみじんぐう)は、「古事記」「日本書紀」に記される日本最古の神社の一つで、同じく最古の道といわれる「山の辺の道」の中間に位置し、古代豪族・物部氏の総氏神として、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されたと伝わります。当神宮にはかつては本殿がなく、拝殿後方の禁足地を御本地と称し、その中央に主祭神が埋斎され、諸神は拝殿に配祀されていたそう。

「鳥居」

早速、沢山のたちがお出迎え♪

は「古事記」や「日本書紀」にも登場し、に時を告げる鳥として神様のお使いとされています。境内には約30羽がおり、夜は高い枝の上で一夜を過ごすとか。

「手水所」

「撫で牛」

「楼門」

鎌倉末期の文保2年(1318年)に建立され、鐘楼門として上層に吊るされた鐘は、明治初年の神仏分離令により売却されたそう。

二重の正面に掲げられた木額の「萬古猶新」(ばんこゆうしん)の字は、明治・大正の元老として有名な山縣有朋の筆によるそう。

「拝殿」

御祭神:布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)・布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)・布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)をお祀りし、健康長寿・病気平癒・除災招福・起死回生の守護神として信仰されます。白河天皇が当神宮の鎮魂祭のために、永保元年(1081年)宮中の神嘉殿を寄進したと伝わり、拝殿としては現存する最古のものだそう。

「絵馬」

ニワトリは木の枝で眠っても決して落ちないことから、試験合格や高所作業のご利益があるとか。

わにひこくん・こっふんさま・ふるっぴーの顔出しパネルも♪

【御朱印】

授与所でいただきました。

御神宝「七支刀」の御朱印もいただけます。

 

【御朱印帳】

カバー付き、大きいサイズです。


<石上神宮>

住所:奈良県天理市布留町384

電話:0743-62-0900

駐車場:200台(無料:第1~第4駐車場)

公式URL:http://www.isonokami.jp/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする