【滋賀】紫式部が源氏物語を起筆した「石山寺」の御朱印帳と御朱印

平成29年2月4日

滋賀県大津市の「石山寺」へ。

「石山寺」は、東大寺大仏造立の資金不足を愁えた聖武天皇が、この地に伽藍を建て如意輪法を修すように夢告を受け、良弁僧正を開基として開かれたそう。

その後も、源頼朝・足利尊氏・淀殿などの後援を受けるとともに、西国三十三所観音霊場として、多くの庶民に信仰されました。

「東大門」

建久元年(1190年)源頼朝の寄進により建立されたそう。

仁王像

長い参道脇には「おおつ光ルくん」

拝観料600円を納めます。

 

「くぐり岩」

大理石でできた天然岩の隙間をくぐれます。

胎内くぐりのよう

手水舎の

「密蔵院」

3月末まで日本最古の紫式部肖像画など特別公開されています。(拝観料300円)

十二単衣の着付け体験(500円)もありましたよ♪

「毘沙門堂」

安永2年(1773年)の建立で、御本尊:兜跋毘沙門天・吉祥天・禅膩師童子を祀ります。

「蓮如堂」

慶長期に三十八所権現社の拝殿として建立され、後に蓮如上人の御影が祀られました。

「御影堂」

室町時代に建立され、弘法大師の御影を祀ります。

「硅灰石」

石灰岩花崗岩と接触し、その熱作用で変質したもので、通常の大理石とはならず、雄大な硅灰石となった珍しい景観であり、石山寺の「石山」の起源だそう。

「本堂」

滋賀県最古の木造建築物であり、内陣は平安中期、外陣は慶長7年(1602年)淀殿の寄進による建造とされます。

日本で唯一の勅封の秘仏である御本尊:如意輪観世音菩薩は、33年毎に御開扉され、安産・福徳・縁結びの御利益があるそう。

「源氏の間」

平安時代の寛弘元年(1004年)紫式部は、新しい物語を作るため、石山寺に7日間参籠し、十五夜の月が琵琶湖に映える様眺めて、「源氏物語」の構想が浮かんだそう。

紫式部絵馬

「経蔵」

16世紀頃に建立された県下最古の校倉造であり、床下の腰掛石に座ると安産すると伝わります。

「鐘楼」

「多宝塔」

建久5年(1194年)源頼朝の寄進で建立された、日本最古の多宝塔であり、御本尊:大日如来を祀ります。

「心経堂」

「梅園」では、が咲き始めていました♪

まだまだ1分咲き程度です。

「光堂」

「紫式部像」

「龍穴の池」

龍池の中島にある八大龍王社には龍王が祀られます。

【御朱印】

本堂でいただきました。

【御朱印帳】

カバー付き、小さいサイズ(800円)です。

東大門前の「叶匠壽庵」にて、石山寺名物「石餅」をいただきました。

石餅(2個)お茶付き 300円

「生命力」を表すよもぎ餅と白餅の2層のお餅に、石山寺の岩」を模した大量の小倉餡乗せられ、無病息災と固い絆が祈念されているそう。

とにかく甘いもの好きにはたまりません♪


※石山寺  http://www.ishiyamadera.or.jp/


🌸滋賀の【御朱印】まとめ

【滋賀】の市町村別【御朱印】一覧
滋賀県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(32社寺・65体) 【大津市】 比叡山延...

🌸全国の【御朱印帳】まとめ

【都道府県別の御朱印帳一覧】
都道府県別にこれまでいただいた【御朱印帳】をまとめました。 私の場合は、御朱印帳を都道府県別、お寺と神社別、日蓮宗や霊場専用などで分け...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする