【京都】新たな出逢いを導く「小指みくじ」の「城興寺」と「法性寺」「東寺」の御朱印【洛陽⑧】

スポンサーリンク

洛陽三十三所観音巡礼⑧

前回の第19~20番札所に続いて、第21~23番札所を紹介します。


第21番札所「法性寺」

延長2年(924年)左大臣・藤原忠平公が創建し、以降、藤原一門の加護を受け、平安時代を通じて藤原家の氏寺として大いに栄えたそう。

御本尊:二十七面千手観音菩薩は、創建当時の仏像であり、厄除観音の名で知られます。

「山門」

【御朱印】

おばあさんが丁寧に書いてくださいました。

「これに座ってね」と座布団がひょいっと飛んできたのが、微笑ましくて印象的でした♪


第22番札所「城興寺」

応徳2年(1085年)藤原道長の孫・九条太政大臣・藤原信長公は、広大な邸宅九条殿内に丈六佛を安置する九条堂を建て城興院と名付けたのが始まりとされます。

また、永久元年(1113年)三代後の関白・藤原忠実公が、寺院を建立して城興寺とし、数々の堂塔伽藍を完成させたそう。

御本尊:千手観音菩薩は、慈覚大師円仁が遣唐使の一員として入唐した際、無事の帰朝を念じて船中で造作したと伝わります。

「山門」

「小指みくじ」

城興寺おみくじは、大吉や小吉ではなく、小指で書かれた指詩(ゆびことば)だそう。

赤い糸指切りなど人との出会いや繋がりを象徴する「小指」で書かれた一言が載せられています♪(公式サイト参照)

【御朱印】

授与所でいただきました。


第23番札所「東寺」

延暦13年(794年)桓武天皇による平安遷都に際し、「西寺」とともに都の正門「羅城門」から伸びる朱雀大路の両翼に創建されたそう。王城鎮護を担った国立の寺院であり、唯一残る平安京の遺構と伝わります。

「南大門」

「食堂」(じきどう)

僧が生活のなかに修行を見いだす場として、御本尊:千手観世音菩薩をお祀りします。

【御朱印】

食堂内の授与所でいただきました。

令和2年3月30日 京都市南区の「東寺」へ。 真言宗総本山 教王護国寺「東寺」は、延暦13年(794年)桓武天皇による平安遷都に...

(第24番札所「長圓寺」洛陽⑨】へつづく)


洛陽三十三所観音巡礼(公式) http://www.rakuyo33.jp/index.shtml


第21番札所「法性寺」

第22番札所「城興寺」

公式URL:http://www.kyoto-jyokoji.jp/index.htm

第23番札所「東寺」

公式URL:http://www.toji.or.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

京都府(京都市内)でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(109ヵ寺・267体) 京都市内は、大...

🌸京都の【御朱印】まとめ(洛陽三十三所観音巡礼編)

「洛陽三十三所観音巡礼」とは 洛陽三十三所観音巡礼は、後白河天皇が、広域で巡礼が困難な西国三十三所観音巡礼に代わるものとして、平安末期...

<楽天広告>

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


御朱印ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする