【京都】幽霊の掛け軸に震え上がる!天台宗五箇室門跡の一つ「曼殊院門跡」の御朱印

スポンサーリンク

平成31年2月10日

京都市左京区の「曼殊院門跡」へ。

「曼殊院門跡」(まんしゅいんもんぜき)は、延暦年間(728~806年)伝教大師最澄により鎮護国家の道場として創建され、青蓮院・三千院・妙法院・毘沙門堂と並ぶ天台宗五箇室門跡の一つに数えられます。門跡とは皇族や摂関家の子弟が代々門主となる寺院であり、明応4年(1495年)に伏見宮貞常親王の子・慈運大僧正が入手したことに始まるそう。

また、初代門主の是算国師が菅原家の出身であったことから、菅原道真を御祭神とする北野天満宮との関係が深く、平安時代以降、曼殊院門主は北野天満宮の別当職を歴任したと伝わります。

「山門」

拝観受付にて拝観料を納め、先に御朱印帳を預けておきます。

山門脇の古い看板が面白いですね♪

小さな庭も趣があります。

足元には気を付けましょう!

「大書院」

御本尊:阿弥陀如来をお祀りします。

江戸時代初期の書院建築であり、桂離宮と建築様式が類似しているそう。

大書院から庭園を眺めます。

山間に位置することから、静寂に包まれたいい雰囲気です♪

大書院前には枯山水庭園が広がり、水の流れを表す白砂の中に、鶴島と亀島が配置されます。鶴島の五葉松は、樹齢400年とも言われ、鶴を表現しているとか。

秋の紅葉シーズンには、夜間拝観もあるそうです♪

なお、拝観順路の最後には、長い黒髪の幽霊の掛け軸が唐突に飾られており、赤ちゃんに授乳するリアルな描写に震え上がりました・・・

「写真を撮り帰られますと、後日ご自身に差し障りな事が起こることがあります」とのこと!くれぐれもご注意を!!

【御朱印】

拝観受付にていただきました。


<曼殊院門跡>

住所:京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

電話:075-781-5010

拝観料:一般600円、高校生500円ほか、拝観時間:9時~17時

駐車場:50台(無料)

公式URL:https://www.manshuinmonzeki.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

京都府(京都市内)でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(107ヵ寺・256体) 京都市内は、大...

🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

京都府(京都市内)でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(61社・137体) 特に京都市内は、大小様々な魅...

<楽天広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちりめん がま口小銭ケース 菊華【ネコポス可】がま口/がま口小銭入れ/小銭いれ/…
価格:1080円(税込、送料別) (2019/2/16時点)

楽天で購入

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする