【京都】大石内蔵助の隠棲地「岩屋寺」の御朱印

平成29年5月20日

京都市山科区の「岩屋寺」へ。

神遊山「岩屋寺」は、古来は隣接する山科神社の神宮寺であったと伝わり、赤穂浪士大石内蔵助の隠棲地として有名で、赤穂城明渡しの後、この地に隠れて討入りの謀を巡らせたことから、大石寺とも呼ばれるそう。

境内の木像堂には、浅野内匠頭長矩公の位牌をはじめ、四十七士の木像や大石内蔵助の遺品等が安置されています。

「大石稲荷大神」

「山門」

「手水」

「弁財天」

大石内蔵助自作の弁財天を祀ります。

また、背後の茶室(可笑庵)は大石内蔵助屋敷の古材が使用されているそう。

「本堂」

智証大師の作とされる御本尊:大聖不動明王は、大石内蔵助の念持仏であったそう。

【御朱印】

寺務所でいただきました。


※岩屋寺


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする