【三重】天照大御神を祀る伊勢神宮「内宮(皇大神宮)」の御朱印と伊勢うどん

スポンサーリンク

平成29年2月12日

伊勢神宮「外宮」に続いて「内宮」へ。

「内宮(皇大神宮)」は、垂仁天皇の御代(約2000年前)から五十鈴川のほとりに鎮座し、皇室の御祖先であり、国民の総氏神ともされる天照大御神を祀ります。

皇位のしるしと受け継がれる三種の神器の一つ「八咫鏡」を御神体として、伊勢の地にお祀りし、国家の守護神として崇められます。

「大鳥居」

鳥居をくぐると背筋がピンとなりますね!

「宇治橋」

五十鈴川にかかる宇治橋は、日常から神聖な世界へ、人と神を結ぶ架け橋とされます。

「庭園」

「御手洗場」(みたらし)

五十鈴川は、御裳濯川(みもすそがわ)とも呼ばれ、倭姫命が御裳のすそを濯いだことから名付けられたと伝わります。

「瀧祭神」

五十鈴川の守り神として古くから大切に祀られます。

「風日祈宮橋」

別宮「風日祈宮」

御祭神:級長津彦命・級長戸辺命をお祀りし、風雨を司る神とされ、風雨の平安と五穀豊穣が祈願されます。

「神楽殿」

外宮同様、大御神の御神徳に感謝を捧げるために神楽を奏し、皇室の弥栄・国家平安・家内安全・心願成就などが祈祷されます。

正宮「皇大神宮」

皇室の御祖神であり、日本人の大御祖神でもある天照大御神をお祀りします。

パワースポットなのか御神木に触れる方がたくさん♪

別宮「荒祭宮」

御祭神:天照大御神荒御をお祀りします。

神様の御魂の穏やかな働き「和御魂」に対して、格別に顕著なご神威「荒御魂」を称えます。

御池に鮮やかな錦鯉が♪

【御朱印】

授与所でいただきました。

外宮の記事はこちら↓

平成29年2月12日 お伊勢参りの古式順序に習って「二見興玉神社」から「外宮」へ。 今年、3回目の参拝です。 「外宮(豊受...

折角なので、おかげ横丁を散策♪

時間が経つにつれて、どんどん混んできます!

お昼は、釜めし「わらじや」さんへ。

伊勢釜めし 1,000円

しっかりした味付けです。

具だくさんなのが嬉しいですね♪ 

伊勢うどんてこねセット 1,080円

極太のうどんが柔らかくて、たまり汁によく絡みます。

まぐろのてこね寿司もついてお得ですね♪


<内宮(皇大神宮)>

住所:三重県伊勢市宇治館町1

電話:0596-24-1111

駐車場:周辺の有料Pを利用

公式URL:http://www.isejingu.or.jp/index.html


🌸三重の【御朱印】まとめ

三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(112寺社・179体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


御朱印ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする