【西国巡礼】Day4.熊野古道「中辺路」の旅②:勝負の神様に必勝祈願!「闘鶏神社」の御朱印

平成28年10月15日

西国三十三所巡礼4日目

滝尻王子付近でテン泊したものの、案の定2時間寝坊して6時スタート・・・

先が思いやられる!

img_1901

歩き始めてすぐに清姫の墓に到着。

この地で暮らす清姫は、奥州から熊野参拝に来た安珍という僧に見初められ、熊野参拝の下向に連れ帰る約束をしたが、ある夜、安珍が障子に映った蛇の姿の清姫を見てしまい、恐れをなして逃げ帰ってしまった。清姫はあまりの悔しさに渕に身を投げ、怨霊となって後を追い、安珍を焼き殺して想いを遂げた・・・という伝説があるそうです。

お、おそろしい・・・(@_@)

その後は、熊野古道を辿って川沿いの崖道やうっそうとした竹林を進み、

img_1905 img_1904

多数の王子(休憩所跡)を巡り、

img_1908

紀伊田辺駅近くの「闘鶏神社」に到着!

「闘鶏神社」は、通称「権現さん」と呼ばれ、御祭神には熊野三山(熊野本宮大社・熊野那智大社・熊野速玉大社)も勧請され、三山の別宮的存在であったそう。平家物語の壇ノ浦の合戦の際、熊野水軍の熊野別当湛増(弁慶の父ともいわれる)が、紅白の鶏を7度戦わせ、全て白鶏が勝ったため、源氏側について勝利したとの故事からこの名前がついたそうです。また、2016年10月には、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録されました。

「鳥居」

img_1912

「湛増・弁慶の像」

「拝殿」

【御朱印】

社務所でいただきました。

img_2143

境内でちょうど餅まき始まったので、飛び入り参加!

紅白餅を4個ゲット♪ でも、そのまま食べたら味がなく、オレンジジュースで味付けすることに・・・(笑)

img_1915 img_1916


<闘鶏神社>

住所:和歌山県田辺市東陽1-1

電話:0739-22-0155

駐車場:約100台(60分100円)


「闘鶏神社」をあとに、青空が眩しい和歌山の銀座を抜けて、

dsc_2662

とうとうへ!ちょっと感動♪

dsc_2671

熊野古道「中辺路」は、海岸沿いの砂浜を通るコースもあり、海あり山あり変化に富んで楽しい♪

dsc_2672

今日は行けるところまで行こうとトボトボ歩いていると、夜になり季節外れの花火が上がった!

img_1925

深夜になり終電も逃したので、紀伊内原駅にて終了!

始発までベンチで仮眠することに・・・おやすみなさい。

dsc_2694

平成28年10月15日(Day4:70km、これまでの歩行距離168km)

(Day5へつづく↓)

【西国巡礼】Day5.231段の結縁坂で良縁成就♪第2番札所「紀三井寺」の御朱印&鈴木姓発祥の地「藤白神社」
平成28年10月22日 西国三十三所巡礼5日目 金曜終電で前回終了した紀伊内原駅へ。 また駅のベンチで仮眠してから、早朝4...

🌸西国三十三所観音霊場の【御朱印】まとめ

【西国】西国三十三所観音霊場巡礼の御朱印旅
「西国三十三所観音霊場」とは? 約1300年の歴史をもつ日本最古の巡礼とされ、近畿2府4県(大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・兵庫県・...

🌸和歌山の【御朱印】まとめ

【和歌山】の市町村別【御朱印】一覧
和歌山県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(36社寺・48体) 空海が開いた天空の都市「高野山」...

<楽天広告>


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする