【京都】宮本武蔵が不動明王の降魔の利剣を感得した!「狸谷山不動院」の御朱印

スポンサーリンク

令和2年8月16日

京都市左京区の「狸谷山不動院」へ。

大本山「狸谷山不動院」は、享保3年(1718年)木食行を体得する為に高野山に登った木食正禅朋厚が、この一乗谷狸谷の地を自らの修行地とし、高さ・深さとも二丈の洞窟に入山し、身の丈五尺の石像・狸谷不動明王を安置したのが始まりとされます。

その後、廃仏毀釈などで荒廃するも、昭和19年(1944年)第一世貫主・亮栄和尚が入山し、真言宗修験道大本山として再興したそう。

「鳥居」

色鮮やかな弁財天の鳥居が続きます!

「白龍弁財天」

木食上人が参籠修行の際、「一切衆生の苦難、恐怖を除き、財宝、福利を与え給え」との誓いから奉安されたそう。

ひたすら階段が続きます。

まだ50段・・・

「七福神」

ようやく99段・・・

「お迎え大師」

長い階段の途中で、弘法大師像が参拝者をお迎えいただきます。

光明殿」

弘法大師をお祀りし、周囲には四国八十八ヶ所霊場のお砂踏みがあります。

本堂まで250段の階段が続きます!

「三社明神堂」

木食上人により、衣・食・住の神として勧請され、家門隆昌・立身出世の御利益があるそう。

「境内」

「手水舎」

「宮本武蔵修行の滝」

慶長9年(1605年)剣豪・宮本武蔵が吉岡一門との決闘の前にこの滝に打たれ、修行熱祷の末、不動尊の降魔の利剣の極意を感得したと伝わります。

「本堂」

御本尊:不動明王をお祀りします。

木食上人が狸山霊山北側斜面の洞窟内に安置したと伝わります。

ガン封じの「願掛け」

【御朱印】

授与所でいただきました。

御札もいただきました!


<狸谷山不動院>

住所:京都市左京区一乗寺松原町6

電話:075-722-0025

駐車場:150台(無料)

公式URL:http://www.tanukidani.com/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(125ヵ寺・288体) 特に京都市内は、大小様々な...

<楽天広告>

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


御朱印ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする