【奈良】奈良の大仏さまに圧倒される「東大寺」の御朱印

平成29年4月30日

奈良県奈良市の「東大寺」へ。

「東大寺」は、天平15年(743年)聖武天皇による廬舎那大仏建立の勅願により造営され、天平勝宝4年(752年)に大仏殿が完成し、以降、40年近くかけて堂塔が建築されたものの、度重なる兵火で焼失し、現在の伽藍の多くは、江戸時代に再興されたそう。

「南大門」

天平創建時の門は平安時代に大風で倒壊し、現在の門は鎌倉時代に東大寺を復興した重源上人が再建したそう。

「金剛力士像」

建仁3年(1203年)運慶・快慶らの仏師により造立され、それぞれ約3000もの部材を組み合わせた寄木造りとして、国内最大の木彫造だそう。

「鏡池」

島には弁財天が祭られ、毎年5/2の聖武天皇祭では、池の上の舞台で舞楽が奉納されます。

「東大寺ミュージアム」

この仏像に何故か惹かれます♪

大仏さまの実物大(約2.5m)の掌が!

「中門」

「大仏殿」

創建から2度も焼失し、鎌倉と江戸時代に再建されたが、江戸期には柱とする木材が調達できず、創建時に11間(86m)あった幅は、7間(57m)となったものの、現在でも世界最大級の木造建築として、往時の壮大さを物語ります。

「廬舎那大仏」

大仏さまの像高は約15mあり、華厳経では廬舎那仏は宇宙そのものと説かれ、「十」は宇宙に拡大できる特別の数字として、仏像の基本寸法「丈六」を十倍したと考えられるそう。

※大仏殿内は、三脚以外なら撮影自由です。

がいました♪

「柱くぐり」

大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの柱の穴があり、これをくぐると無病息災のご利益があるとか。子供の頃、修学旅行などで一度はくぐったことがあるのでは?

大仏殿から振り返ると、手入れの行き届いたが綺麗です♪

【御朱印】

大仏殿の授与所でいただきました。

 

大仏殿を出て、東の階段を登ると、

「俊乗堂」

元禄年間、公慶上人が重源上人の遺徳を讃えて建立したとされ、御本尊:重源上人坐像を祀ります。

「行基堂」

享保13年(1728年)仏師賢慶が造仏した、御本尊:行基菩薩坐像を祀ります。

「念仏堂」

嘉禎3年(1237年)仏師康清が造仏した、御本尊:地蔵菩薩を祀ります。

【御朱印】

行基堂横の授与所でいただきました。

「鐘楼

承元年間(1207~1210年)栄西禅師により再建されたそう。重さ26.3tの梵鐘は東大寺創建当初のもので、日本三名鐘の一つに数えられます。

【御朱印】

鐘楼内の授与所でいただきました。

鹿を横目に、更に東の階段を登ると、

「法華堂」(三月堂)

東大寺建築の中でも最も古く、東大寺創建以前の金鍾寺の遺構とされます。御本尊:不空羂索観音菩薩や、梵天・帝釈天・金剛力士などを祀ります。

【御朱印】

法華堂内の拝観受付でいただきました。

「二月堂」

旧暦2月に「お水取り(修二会)」が行われるため、この名がついたそう。絶対秘仏の御本尊:2体の十一面観音菩薩を祀ります。

静かな本堂で物思いに耽るのも、がありますね♪

【御朱印】

二月堂の授与所でいただきました。

ずいぶんと陽が落ちてきました・・・

大仏殿の裏手に回ると、

夕食中の鹿たちがたくさん!

「轉害門」

天平時代の唯一の遺構とされます。

境内では、他にも御朱印がいただけるそうなので、次回も楽しみです♪


※東大寺  http://www.todaiji.or.jp/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする