【奈良】聖徳太子が法隆寺の守護神を祀った「龍田神社」の御朱印

平成29年3月20日

奈良県生駒郡斑鳩町の「龍田神社」へ。

「龍田神社」は、聖徳太子が法隆寺建立の地を探し求めた際、白髪の老人に化身した龍田大明神に導かれ、斑鳩の里に法隆寺の守護神・鬼門除神として龍田大明神を祀る神社を創建したのが始まりとされます。

「鳥居」

手水の

「御神木」

「金剛流発祥之地の碑」

法隆寺に所属して発展した猿楽の座「板戸座」を源流とする、金剛流の発祥の地だとか。

「末社」

白龍大神・市杵島姫命・事代主神などを祀ります。

狛犬

「拝殿」

御祭神:天御柱之大神・国御柱之大神の二荒魂と龍田比古之大神・龍田比女之大神を祀り、雨風を鎮め水難・疫病を防ぐ神と四季を司る神として、五穀豊穣・息災長寿・天地萬有厄除のご利益があるそう。

可愛らしい絵馬

【御朱印】

授与所でいただきました。


※龍田神社


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(88寺社・187体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする