【岐阜】金の神の総本宮!美濃国一之宮「南宮大社」の御朱印

平成30年5月13日

岐阜県不破郡垂井町の「南宮大社」へ。

美濃国一之宮「南宮大社」は、社伝では神武天皇の御代の創建とされ、崇神天皇の御代に美濃仲山麓の現在地に奉還されたと伝わり、古くは仲山金山彦神社と称せられたそう。また、延喜式神名帳には、美濃国39座のうち唯一の名神大社に列せられ、源氏・北条氏・土岐氏などの名だたる武将の崇敬を受けており、美濃国一之宮として、また金の神の総本宮として知られます。

「参道」

あいにくの土砂降りの雨のなか、色鮮やかな新緑を見せてくれました♪

「楼門」

朱色が美しい社殿の数々は、和様と唐様が混在された独特の様式であり、南宮造と呼ばれます。

「狛犬」

「高舞殿」

御祭神が現在地へ移ったとされる崇神天皇5年霜月上申日(現在の11月9日)の前夜祭として、11月8日に神迎えの神事「金山祭」が執り行われます。全国の鉱山・金属業者が訪れるなか、地元の鍛冶屋さんの奉仕で古式の鍛錬式が行われ、小刀が奉納されます。

「手水舎」

「拝殿」

天照大神の兄神である金山彦命をお祀りし、鉱山をはじめ金属一切を司る神様として、また魔除け・災難除けの神様として崇敬されます。

慶長5年(1600年)関ヶ原合戦の兵火で社殿を焼失したため、寛永19年(1642年)3代将軍・徳川家光公の寄付7千両(約21億円)をもとに再建されたそう。

「絵馬所」

天下分目難関突破と記され、難関大学合格祈願の絵馬がたくさんありました!

こちらは諸願成就の「絵馬」

【御朱印】

授与所でいただきました。


<南宮大社>

住所:岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1

電話:0584-22-1225

駐車場:数十台あり(無料)

公式URL:http://www.nangu-san.com/


🌸岐阜の【御朱印】まとめ

【岐阜】の市町村別【御朱印】一覧
岐阜県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(27社寺・34体) 【岐阜市】 岐阜善光...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする