【奈良】日本建国の聖地「橿原神宮」の御朱印

平成29年4月22日

奈良県橿原市の「橿原神宮」へ。

「橿原神宮」は、日本書紀において日本建国の地と記され、天照大神(あまてらすおおかみ)の血を引く神倭伊波禮毘古命(かむやまといわれびこのみこと)(後の神武天皇)が、豊かで平和な国づくりを目指して、九州高千穂の宮から東に向かい、畝傍山の麓に橿原宮を創建されたのが始まりとされます。

「第一鳥居」

長い表参道は、第二鳥居まででも100mもあります。

「第二鳥居」「神橋」

「手水舎」

「南神門」

「北神門」

とても広い境内

残念ながらは散りかけていました・・・

「土間殿」

「神楽殿」

「外拝殿」

御祭神:神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)を祀ります。

外拝殿の後ろには畝傍山

絵馬

【御朱印】

授与所でいただきました。

深田池を抜けて「久米寺」へ向かいます。


※橿原神宮  http://www.kashiharajingu.or.jp/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする