【三重】海女さんの魔除け「ドーマン・セイマン」の御利益が凄い!石神さん「神明神社」の御朱印と御朱印帳

平成29年1月29日

三重県鳥羽市の「神明神社」へ。

「神明神社」は、創立年代は不詳ですが、神明八幡宮として造営され、明治に境内諸社及び千賀神社・堅子神社・畔蛸神社などを合祀し、神明神社となったそう。

現在は天照大御神を始め26柱の神々を祀ります。

「盃状穴」

この手水鉢は文政4年(1821年)の銘があり、周りに大小約30の穴が穿かれているそう。

「手水舎」

境内には何かと案内看板が多くて分かりやすいです!

神様の萌え系案内も♪

「三吉稲荷大明神」

京都の伏見稲荷大社より勧請された社であり、御祭神・倉稲魂命(宇迦之御魂大神)を祀り、農業・漁業や商売繁盛の御利益があるそう。

日本書紀によると、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)いざなぎ命といざなみ命が飢えて気力がない時に生まれたため、食を要することから食物の神様(女神)と言われます。

「石神さん」

神明神社の末社の一つ「石神社」は、女性の神様・玉依姫命を祀り、古来、地元の海女さん達が安全大漁を祈願してきたことから、「石神さん」として親しまれ、女性の願いなら一つだけは必ず叶えてくださるそう♪

そして、願いが叶ったらお礼参りをすると、もう一度お願い事ができるとか♪

玉依姫命(たまよりひめのみこと)海の神様・綿津見神の娘であり、初代天皇・神武天皇の母とされます。

タマ(=神霊)ヨリ(=人間に憑く)というお名前は、神霊が憑依する巫女を表し、女性の願いを叶えてくれる美しい神様だそう♪

真珠「絵馬」

本殿に向かいます。

太っちょの狛犬

「本殿」

伊勢神宮と同じく、天照大御神を祀ります。

「さざれ石」

「長寿の館」

御神木の楠木(枯木)を祀り、元は周囲14.7mあったとの文献も残るそう。

郷人の長寿の守りとして、覆屋社を建てて永く保存されています。

【御朱印】

授与所でいただきました。

【御朱印帳】

カバーなし、小さいサイズです。(御朱印別 1,000円)

御朱印帳にも描かれた星と格子縞のマークは、ドーマン・セイマンと呼ばれ、伊勢志摩の海女さん達が魔除けとして用います。

星(セイマン)は、一筆書きで必ず同じ場所に戻ってくること格子縞(ドーマン)は、悪魔が入る隙がないことを表し、セーマンは陰陽師・安倍晴明ドーマンはそのライバル・蘆屋道満から名付けられたとか。

帰りはパールロードの展望台で一休み。

鳥羽だけにB級グルメ「とばーがー」600円をいただきました!

伊勢エビコロッケが入っており、エビの味と香りがほんのり♪

前に食べたときはカツオだった気が??

美味しいからどちらでもOKだね~w


※神明神社(石神さん)


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・134体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

🌸全国の【御朱印帳】まとめ

【都道府県別の御朱印帳一覧】
都道府県別にこれまでいただいた【御朱印帳】をまとめました。 私の場合は、御朱印帳を都道府県別、お寺と神社別、日蓮宗や霊場専用などで分け...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする