【奈良】数多くの業平伝説が残る「不退寺」の御朱印

平成29年5月27日

奈良県奈良市の「不退寺」へ。

「不退寺」は、大同4年(809年)平城天皇御譲位の後、この地に「萱の御所」を造営され、阿保親王(平城天皇の皇子)の没後、承和14年(847年)在原業平朝臣が旧居を精舎として父親王の菩提を弔うとともに、御本尊:聖観音菩薩像を安置して衆生済度のために「法輪を転じて退かず」と発願して不退転法輪と号し、略して不退寺(業平寺)と称したそう。

「南大門」

正和6年(1317年)の建築とされ、南都十五大寺の往時を感じさせる壮大な門です。

「庭園」

境内は緑に包まれています。四季の花の時期にまた訪れたいです。

「多宝塔」

当寺最古の建造物であり、快慶作の千体地蔵が安置されていたと伝わります。

新緑が美しい♪

在原業平が詠んだ歌の石碑がたくさんあります。

「石棺」

ウワナベ古墳南側の平塚古墳より発掘された舟型の石棺だそう。

「本堂」

在原業平朝巨の自作と伝わる御本尊:聖観音菩薩像(業平観音)とその周囲に五大明王像・地蔵菩薩像を安置します。

業平観音は、宝冠帯が大きくリボンを着けた様であり、極彩色の花紋装飾が施されたことから、業平の理想の女性ではないかとも想像されます。

のんびり一服もいいかも?

【御朱印】

寺務所でいただきました。

「ぼさつの寺巡り」の挿絵入り御朱印もいただきました。


※不退寺  http://www3.kcn.ne.jp/~futaiji/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(84社寺・171体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする