【京都】天地開闢の創造の神を祀る「旦椋神社」の御朱印

平成29年5月6日

京都府宇治市の「旦椋神社」へ。

「旦椋神社」(あさくらじんじゃ)は、養老4年(720年)の「日本書紀」には、栗隈県の旦椋に古社があったと記され、また、延喜年間(901~923年)に編纂された「延喜式」にも記載されるなど由緒ある神社です。

天文19年(1550年)に焼失するも、吉田兼右の「兼右卿記」によると、永禄9年(1566年)にこの地に移転再興されたと記されます。

「鳥居」

「山門」

「撫で牛」

牛は神の使いとも菅原道真公の乗り物とも考えられ、自分の身体の悪い部分を撫で、牛の同じ箇所を撫でると治るとされます。

境内にはがたくさん!

「狛犬」

「拝殿」

御祭神:高皇産霊神(たかみむすびのかみ)・神皇産霊神(かみむすびのかみ)・菅原道真公を祀ります。

「古事記」によると、天地開闢の時、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)に次いで高皇産霊神・神皇産霊神が高天原に出現したとされ、共に造化の三神創造の神とされます。

【御朱印】

社務所でいただきました。


※旦椋神社


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする