【奈良】花崗岩の珍しい石仏・地蔵菩薩を祀る「十輪院」の御朱印

平成29年4月30日

奈良県奈良市の「十輪院」へ。

南都「十輪院」は、元正天皇(715~724年)の勅願寺で、元興寺の一子院と言われ、右大臣吉備真備の長男・朝野宿禰魚養(あさのすくねなかい)の開基と伝わります。

また、鎌倉時代には、無住法師の「沙石集」(1283年)に、御本尊の石造地蔵菩薩が取り上げられ、室町末期までは寺領300石、境内1万坪を誇るなど隆盛を極めたものの、兵乱等により多くの寺宝が失われたそう。

「南門」

「手水」

「庭園」

ドイツの著名な建築家ブルーノ・タウトは、その著作の中で、「奈良に来たら、まず小規模だが非常に古い簡素優美な十輪院を訪れて静かにその美を鑑賞し、近傍の素朴な街路などを心ゆくまで味わうがよい」と記したそう。

「護摩堂」

「不動明王像」

「合掌観音像」

「本堂」

御本尊は非常に珍しい石仏であり、(がん:石像を納める厨子)の中央に地蔵菩薩、左右に釈迦如来・弥勒菩薩が安置され、過去・現在・未来にわたる救済を表すそう。

【御朱印】

本堂の拝観受付でいただきました。

「な~むくん」

南都二六会イメージキャラクターで、聖徳太子の生まれ変わりだとか。


※十輪院  http://www.jurin-in.com/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(84社寺・171体) 奈良には、約1400年前の日本最...
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【柿こーり 8個入】 日本ギフト大賞2015 奈良賞受賞!
価格:1836円(税込、送料別) (2017/5/29時点)


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする