【奈良】縁結びのパワースポット「御霊神社」の御朱印

平成29年4月30日

奈良県奈良市の「御霊神社」へ。

「御霊神社」は、延暦19年(800年)桓武天皇の勅命により、創祀された社が始まりとされます。

桓武天皇の即位にあたり、弟である早良親王が政権争いで命を落とすと、都に疫病が流行し、宮中に怨霊が出るなどの怪異が相次いだことから、非運のうちに亡くなった人の霊を祀り、その威力で災厄を逃れようとする御霊信仰が広まったとか。

そのため、奈良の町に通じる3つの街道「上つ道」に早良親王、「中つ道」に井上皇后、「下つ道」に他戸親王の御霊を祀り、疫病を封じ平穏を祈る御霊会が営まれ、町の守護神として五條本宮より遷祀されたそう。

「鳥居」

手水の

「若宮社」

学問・諸道芸能の守護神として信仰される菅原道真公を祀ります。

「出世稲荷社」

大国主命・天之宇受女命などを祀り、開運出世・商売繫盛など幅広い御利益のほか、なんと地球上の70億の人々の中から相応しいご縁を結んで下さる「縁結び」のパワースポットとして知られます。

絵馬も御利益がありそう♪

「拝殿」

御本殿に井上皇后・他戸親王、東側社殿に早良親王・藤原広嗣・藤原大夫人、西側社殿に伊予親王・橘逸勢・文屋宮田麿のあわせて八所御霊大神を祀り、すべての禍事・災難を取り除き、国家守護・家業繫栄・福徳円満・平和の神として信仰されます。

【御朱印】

授与所でいただきました。

境内の牡丹もきれいでした♪


※御霊神社


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...




にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする