【奈良】一願成就の観音様を祀る「御厨子観音 妙法寺」の御朱印

平成29年4月23日

奈良県橿原市の「御厨子観音 妙法寺」へ。

「御厨子観音 妙法寺」は、霊亀2年(716年)遣唐使に選ばれ、阿倍仲麻呂らと共に入唐留学により学芸を修めた吉備真備が、無事に帰国できたことに感謝し、天平7年(735年)息子:善覚律師に命じて観音堂を創建させたことに始まるそう。

「みずし」の由来は、①池の端の方水尻」にあったことから「みずしり観音」→「みずし観音」になった、②美しい「厨子」の中に観音様など数々の仏を配置していたからとの2つの説があるとか。

「手水舎」

「鐘楼」

「ぼけよけ地蔵尊」

「光明不動」

この自然石の中に不動明王の姿が見えれば、眼病が治ると伝えられます。

「本堂」

御本尊:十一面観世音菩薩を祀り、一願成就の霊験があるとされます。

絵馬

【御朱印】

寺務所でいただきました。


※御厨子観音 妙法寺  http://www.ne.jp/asahi/mizushi/kannon/index.htm


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(84社寺・171体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする