【奈良】日本三大山城の一つ「高取城跡」城主植村家の菩提寺「宗泉寺」の御朱印

スポンサーリンク

平成29年4月22日

奈良県高市郡高取町の「宗泉寺」へ。

真各山「宗泉寺」は、高取山の中腹にあり、もとは高取藩の初代藩主・植村家政の邸宅であったが、元禄11年(1698年)邸宅移転に伴い、その跡地に植村家の菩提寺として創建されたそう。現在も植村家代々の墓碑が残ります。

「山門」

「鐘楼」

手水

「なでぼとけ」

「大和三宝荒神殿」

「本堂」

御本尊:阿弥陀如来をお祀りします。

【御朱印】

寺務所でいただきました。


宗泉寺から急登の多いハイキング道を約2km歩くと、

高取山山頂(標高584m)には、日本三大山城の一つ「高取城跡」があります。

戦国時代に豊臣秀長により大和郡山城の詰め城として完成し、江戸時代には高取藩主・植村家が城主となったそう。城下町から城までの比高(446m)が全国で最も高い山城としても有名です。

本丸跡から下を見ると高い!!


<宗泉寺>

住所:奈良県高市郡高取町上子島549-1

電話:0744-52-2607


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(88寺社・187体) 奈良には、約1400年前の日本最...

<楽天広告>



にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする