【奈良】約2,300種のバラが咲き誇る!?「おふさ観音」の御朱印

平成29年4月22日

奈良県橿原市の「おふさ観音」へ。

「おふさ観音」は、天明年間(1781~89年)妙円尼の創建と伝えられ、長寿とぼけ封じを願う人々の参拝が絶えないそう。また、バラとハーブの花が咲き乱れる「花の寺」としても有名だとか。

慶安3年(1650年)この地の「おふさ」という娘が、大きな池のそばを歩いていると、白い亀の背中に乗った観音様が現れたため、池のほとりにお堂を建ててお祀りすると村人たちの願い事が叶ったとの言い伝えから、「おふさ観音」と呼ばれるそう。

「山門」

「鐘楼堂」

「大師堂」

宗祖:弘法大師普大士尊(物忘れ封じの神)、庚申尊(病魔退散の神)を祀ります。

「子安観音」

「三宝荒神堂」

仏・法・僧の三宝とお寺をお守りする三宝荒神を祀り、不浄を嫌うかまどの神様としても信仰されます。

「恵比寿尊社」

商売繫盛・家運隆昌の福の神:恵比寿天を祀ります。

「バラ園」のアーチ

境内には約2,300種類のバラが咲き誇るそう。

この日は季節外れで残念・・・また来ます!

「本堂」

弘法大師作と伝わる御本尊:十一面観音像を祀り、癪の観音として信仰されます。

絵馬

【御朱印】

本堂内の授与所でいただきました。

「鯉の池」「円空庭」


※おふさ観音  http://www.ofusa.jp/


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(85社寺・179体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする