【大阪】河内源氏発祥の地「壷井八幡宮」の御朱印

平成29年4月16日

大阪府羽曳野市の「壷井八幡宮」へ。

「壷井八幡宮」は、河内源氏発祥地として知られ、平安中期の寛仁4年(1020年)源頼信公が河内守に任官してこの地に私邸を営み、康平7年(1064年)に前九年の役を平定した頼義公(頼信の子)が石清水の神を私邸の東側に勧請したのが起源とされます。

「壷井水」

天喜5年(1057年)頼義公・義家公父子が、大干ばつで飲料水が乏しく、戦いに敗北しかけた際、干天に祈って弓矢で岸壁を射抜くと清水が湧き出たため、凱旋時に清水を壺に入れて持ち帰り、井戸の底に壺を埋めて壷井水としたのが、地名の始まりだとか。

「鳥居」

「参道」

「八幡宮」

御祭神:誉田別尊・仲哀天皇・神功皇后を祀ります。

永承6年(1051年)源頼義公が奥州平定の出陣に際し、石清水八幡宮に戦勝祈願し、12年の苦戦の末、康平5年(1062年)に賊を平定し、凱旋後の康平7年(1064年)社殿を建立し、石清水八幡宮の神霊を遷し祭ったそう。

樹齢約1,000年の大楠

「手水舎」

狛犬

「権現社」拝殿

御祭神:源頼信公・頼義公・義家公を祀ります。

天仁2年(1109年)義家公の5男義時公が、父祖三将軍の霊夢により社殿を建立し、河内源氏の崇廟としたそう。源氏三社(京都・六孫王社、摂津・多田社、河内・壷井宮)の一つだとか。

【御朱印】

授与所でいただきました。


※壷井八幡宮  http://tuboihatimanguu.jp/


🌸大阪の【御朱印】まとめ

【大阪】の市町村別【御朱印】一覧
大阪府でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(29社寺・33体) 【大阪市】 豊國神社...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする