【大阪】日本最初の大黒天出現のお寺「大黒寺」の御朱印

平成29年4月16日

大阪府羽曳野市の「大黒寺」へ。

天童山「大黒寺」は、1350年前、役行者が金剛山で修行中に大黒天が出現し、そのお告げにより、桜の木で大黒天を作って小堂に安置したのが始まりとされる、日本最初の大黒天出現霊場です。

もとは修験道場であったが、空海により真言宗に改宗し、更に密山道顕大和尚により禅宗の寺となり、現在に至るそう。

「山門」

「手水舎」

「千年小槌」

鈴を鳴らしながら、7回まわり念ずると大吉だそう。

「七福神」

「一願一撞の鐘」

一つ願い一つ撞けば一つ願いが叶うとか。

「三面堂」

大黒様に健康・長寿を祈願します。

「本堂」

役行者の作と伝わる御本尊:大黒天尊像を祀ります。

【御朱印】

寺務所でいただきました。


※大黒寺


🌸大阪の【御朱印】まとめ

【大阪】の市町村別【御朱印】一覧
大阪府でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(29社寺・33体) 【大阪市】 豊國神社...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする