【三重】4つの神社が合祀された「神戸宗社」(神館飯野高市本多神社)の御朱印

平成29年4月6日

三重県鈴鹿市の「神戸宗社」へ。

「神戸宗社」は、垂仁天皇の御代、皇女倭姫命が伊勢に皇大神宮をお定めになる道中で、神戸にしばらく滞留された御宮所が始まりとされ、神館神明神社の創立は天武天皇元年(673年)と伝わります。

また、正式名称を神館飯野高市本多神社といい、神館神明神社に飯野神社、高市神社、本多神社が合祀されて現在の社となったそう。

「鳥居」

「手水舎」

「稲荷社」

見事な枝垂れ桜🌸

「拝殿」

御祭神:天照皇大御神・豊受皇大御神・高御産巣毘大神・本多忠統之命・菅原道真之命を祀ります。

鈴鹿市神戸地区は、伊勢参宮街道の宿場町として栄え、毎年7月には石取祭発祥の地「桑名」より譲り受けた山車が巡行し、と太鼓を打ち鳴らす「神戸の石取祭」が開催されます。

【御朱印】

社務所でいただきました。


※神戸宗社


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする