【京都】日本第一のお酒の神様を祀る「松尾大社」の御朱印

平成29年3月12日

京都市西京区の「松尾大社」へ。

「松尾大社」は、大宝元年(701年)秦忌寸都理(はたのいみさとり)が、松尾山大杉谷の磐座の神霊を勧請し、秦氏の氏神として社殿を建立したのが始まりとされます。

平安遷都後は皇城鎮護の神として、中世以降は酒造の神として信仰を集めたとか。

「平成大鳥居」

「大鳥居」

「楼門」は工事中・・・

「手水舎」

「神輿庫」

酒造の神だけに、酒樽がたくさん♪

「拝殿」

「本殿」

御祭神:大山咋神(おおやまぐいのかみ)・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀り、京都洛西の総氏神として、開拓・建築・商業・寿命・交通・安産等の守護神と仰がれ、また特に醸造祖神として、全国の酒造家・味噌醤油等の製造販売業の方からの崇敬を受けます。

大神様が丹波の保津川を渡る際、急流は、緩い流れはの背に乗ったとされ、亀と鯉は神の使いとして崇められます。

「幸運の撫で亀」

寿命長久・家庭円満の御利益があるそう。

「幸運の双鯉」

恋愛成就・夫婦円満・立身出世の御利益があるそう。

「相生の松」

雌雄根を同じくし、350年の樹齢を保った古木であり、恋愛成就・夫婦和合のご利益があるそう。

「南末社」

【御朱印】

授与所でいただきました。

境内には、お酒の資料館も♪

この日はちょうど巫女さんが戸締り中・・・残念!

授与所脇には萌え系自販機が♪♪

夕暮れの渡月橋はカップルだらけでした!


※松尾大社  http://www.matsunoo.or.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする