【三重】日本最古の厄除霊場「継松寺」の御朱印

平成29年3月11日

三重県松阪市の「継松寺」へ。

岡寺山「継松寺」は、東大寺建立の無事を祈り、聖武天皇の勅願により行基菩薩が創建したと伝わります。後に洪水でお堂を流失するも、二見の漁師が弁財天のお告げで出家して継松法師となり、お寺を再建したことから名付けられたそう。

また、弘法大師空海が御本尊の両脇に不動尊・毘沙門天を造り、安置したと伝わります。

「山門」

手水舎の

「香炉」

「鐘楼」

銅鐘ともに寛永16年(1639年)津の鋳物師の作とされます。

「本堂」

聖武天皇が42歳の厄年の際に御本尊:如意輪観世音菩薩を安置したことから、厄除観音として親しまれる日本最古の厄除霊場です。3月の初午大祭では、厄年の男女をはじめ、多くの参詣者や露店で賑わうそう。

「大師堂」

本堂や山門とともに江戸末期の建立とされます。

「雪山童子図」

江戸時代、曾我蕭白35歳頃の作とされ、雪山童子が樹上から飛び降りようとし、下の羅刹が睨み返している釈迦本生譚の図だとか。

【御朱印】

本堂内の授与所でいただきました。


※継松寺  http://www.okadera.com/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする