【京都】「人喰い地蔵」が霊を鎮める!?聖護院門跡の塔頭「積善院凖提堂」の御朱印

平成29年3月5日

京都市左京区の「積善院凖提堂」へ。

「積善院凖提堂」は、鎌倉時代の創建とされ、聖護院門跡の門跡を代行することもある一院家・積善院が、明治の初めに凖提堂と合併し、積善院凖提堂と称したそう。

毎年2/23に行われる五大力尊法要は、盗難除け・家運繁盛の御利益があるとか。

「山門」

「拝堂」

「元本堂」

元積善院本堂であり、役行者像阿弥陀如来像を祀ります。

燈籠の中に狛犬が!

庭園

「本堂」

寛政年間(1789~1801年)光格天皇の勅願により、その皇子・聖護院宮盈仁法親王の開眼となる凖提堂の御本尊:凖提観音像と、鎌倉初期の智証大師の作風を伝える積善院の御本尊:不動明王像を祀ります。

「崇徳院地蔵」

平安末期に平氏により讃岐に流された崇徳上皇は、京都を恋いながらその地で憤死したが、その後15年の間、京都は大火・悪病流行・大地震と災いが続いたことから、上皇の霊を慰めるため、石地蔵尊が祀られたそう。

「すとくいんじぞう」が訛って「ひとくいじぞう」→「人喰い地蔵」と呼ばれたとか。

「お俊伝兵衛供養塔」

お俊伝兵衛が聖護院の森で心中したという近松文学の故事により、芸能関係者により昭和27年に建立されたそう。

【御朱印】

授与所でいただきました。

聖護院門跡の御朱印はこちら↓

【京都】役行者の修験道で自分探しの修行体験はいかが?「聖護院門跡」の梵字御朱印
平成29年3月5日 京都市左京区の「聖護院門跡」へ。 「聖護院門跡」は、寛治4年(1090年)熊野大峰修行の修験僧である増誉大僧...

※積善院凖提堂


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする