【京都】恋愛婚のねねが秀吉公の菩提を弔った「高台寺」の御朱印

平成29年3月5日

京都市東山区の「高台寺」へ。

鷲峰山「高台寺」は、正しくは高台寿聖禅寺といい、慶長11年(1606年)豊臣秀吉公の菩提を弔うために、秀吉公夫人の北政所(ねね)が開創したそう。

寛永元年(1624年)建仁寺の三江紹益禅師を開山とし、造営に際しては、徳川家康公が政治的配慮により多大な財政的援助を行ったため、寺観は壮麗を極めたとか。

ねね秀吉公は、当時には珍しい恋愛婚だったとされ、身分の低かった秀吉にねねの両親が大反対したが、お互いの想いを貫いたそう♪

「庫裡」

庫裡横の拝観受付で拝観料600円を納め、併せて御朱印もいただけます。

高台から京都の街が望めます♪

「遺芳庵」

こじんまりと良い雰囲気ですね!隠れ家として家の庭に欲しいくらいです♪

「方丈前庭」

模様は毎日造るのではなく、大雨で崩れたりしない限りは当分は持つそう。直線を造形するのが最も難しく、10年はかかるとか!!

「開山堂」

開山の三江紹益禅師を祀り、天井にはねねの御所車や秀吉公の御船の天井が用いられます。

「庭園」

小堀遠州の作であり、桃山時代を代表する庭園です。

「臥龍廊」

「霊屋」

北政所の墓所であり、左右の厨子には秀吉公北政所の坐像が安置されます。

展望台までどんどん登ります。

「傘亭」「時雨亭」

利休の意匠の茶席と言われ、伏見から移築されたそう。

展望台からの眺め♪

竹林も見事♪

の頭がありました!

【御朱印】

拝観受付でいただきました。

 

隣接する高台寺天満宮はこちら↓

【京都】ねねと秀吉の夫婦円満の御利益がある「高台寺天満宮」の御朱印
平成29年3月5日 「高台寺」に続いて、隣接する「高台寺天満宮」へ。 「高台寺天満宮」は、北政所ねねが高台寺を創建した際、崇敬し...

※高台寺  http://www.kodaiji.com/index.html


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桜の御朱印巡りセット
価格:3996円(税込、送料別) (2017/3/11時点)


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする