【奈良】「みそなめ地蔵」が自家製味噌の味見をする!?金剛山寺「矢田寺」の御朱印①

平成29年2月25日

奈良県大和郡山市の「矢田寺」へ。

「矢田寺」は、今から約1300年前、大海人皇子(後の天武天皇)が壬申の乱の戦勝祈願のため矢田山に登られ、即位後の白鳳4年(664年)智通僧上に勅せられ、七堂伽藍48ヵ所坊を造営されたのが開基とされます。

正式には矢田山金剛山寺と称し、日本最古の延命地蔵菩薩を安置することから、地蔵信仰の中心地として「矢田のお地蔵さん」と親しまれています。

塔頭4ヶ坊でそれぞれ御朱印がいただけます。

「山門」

長い階段を登っていきます。

「カンカン地蔵」

塔頭「大門坊」

弘法大師が矢田寺に登られた際、不動明王を図写し国家安穏・万民豊楽の誓願をたてて留錫され「三大秘密教門院」と命名したそう。

また、古くから容真御流華道の家元として華道研究も盛んだとか。

「千佛堂」

全国各地より奉納された一千体の地蔵尊が安置されます。

「聖天堂」(矢田聖天)

江戸中期の高僧・慈雲尊者により、宝暦年間に勧請された大聖歓喜天を祀ります。

手水と絵馬

【御朱印】

千佛堂内でいただけます。

塔頭「念佛院」

紫陽花の季節には、お茶の席が設けられ、抹茶と和菓子がいただけるそう。

【御朱印】

寺務所でいただけます。

「みそなめ地蔵」

大昔、近在の農婦が自家製味噌の味が悪くなり困っていると、夢お地蔵様が現れて「味噌を食べさせてくれたら良い味にしてやろう」と告げた。翌朝、矢田寺の参道に夢で見たお地蔵様があり、味噌を口許に塗ると味が良くなったとの言い伝えがあるそう。

「講堂」

「春日社」

次いで、本堂へ向かいます。

【矢田寺②】につづく)


※矢田寺  http://www.yatadera.or.jp/index.html


🌸奈良の【御朱印】まとめ

【奈良】の市町村別【御朱印】一覧
奈良県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(88寺社・187体) 奈良には、約1400年前の日本最...


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする