【三重】東海道五十三次の宿駅「諏訪神社」&あしどめ稲荷「海山道神社」の御朱印

平成30年3月15日

三重県四日市市の神社を散策。

まずは近鉄四日市駅から徒歩5分の「諏訪神社」へ。

「諏訪神社」は、鎌倉時代初期の建仁2年(1202年)信州の諏訪神社の御分霊をこの地に勧請し創始されたと伝わり、四日市・浜田の総産土神として崇敬されます。

「鳥居」

「狛犬」

「拝殿」

行動力に優れた神・建御名方(たけみなかたのみこと)と言霊を司る神・八重事代主命(やえことしろぬしのみこと)の御兄弟神をお祀りします。物事を切り開く際に大切な「行動」(武)と「言魂」(文)を兼ね備えたご神威が信仰されています。

江戸時代以降は、四日市は東海道五十三次の宿駅としても賑わいました。

【御朱印】

社務所でいただきました。


<諏訪神社>

住所:三重県四日市市諏訪栄町22-38

電話:059-352-2422

駐車場:周辺の有料Pを利用

公式URL:http://www.suwajinjya.jp/


続いて、近鉄海山道駅前の「海山道神社」へ。

「海山道神社」は、洲崎濱宮神明神社の境内社で「海山道開運稲荷神社」と称し、でもでもを切り開いて開運を運んでくださるお稲荷さんだそう。また、江戸時代には徳川家の篤い崇敬により葵の御紋を許されたとか。

「大鳥居」

「狛狐」

毎年節分の日には「狐の嫁入り神事」が行われ、狐のお面と婚礼衣装を着付けた狐の新郎新婦が練り歩いたのち、祝儀袋に入った福餅や福豆の豆まきが行われます。

運が良ければ、祝儀袋に豪華景品のくじが入っているとか!!

梅の時期には鳥居とのコラボも♪

「失格しない鳥居」

四方を囲む形の珍しい鳥居で、四角(失格)しないに掛けられます。

「天神菅原社」

日本一の大きさの杉の一木彫刻大天神像(菅原道真公)を祀り、学業・合格・芸術・習い事の上達やボケ封じの御利益があるそう。

「洲崎濱宮神明神社」

海山道神社は、洲崎濱宮神明神社の境内社にあたり、境内社の方が有名なのは珍しいですね!

「拝殿」

御祭神:倉稲魂神・大己貴命・太田神・保食神・大宮能売神を祀ります。

すべての災難盗人病魔逃亡人落物魚族客人の足をとめて福をお授けくださる「あしどめ稲荷」とも呼ばれ、開運厄除足留などの御利益があるとされます。

【御朱印】

社務所でいただきました。

 

書置きは台紙に狐?の模様が入っていました。


<海山道神社>

住所:三重県四日市市海山道町1-58

電話:059-345-5419

駐車場:数十台あり(無料)

公式URL:http://www.miyamado-jinja.com/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする