【三重】「みちひらき」の神様を祀る「猿田彦神社」の御朱印&くうや観助餅

スポンサーリンク

平成29年2月12日(※R1.7.20追記)

三重県伊勢市の「猿田彦神社」へ。

内宮から約1km、徒歩10分です。

「猿田彦神社」は、天孫降臨を啓行(みちひらき)された猿田彦大神が、高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を案内した後、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)と共に「伊勢の狭長田(さながた)五十鈴川の川上」に戻り、全国の開拓にあたったとされます。

そして、宇治土公家の祖先で猿田彦大神の裔である大田命の勧めにより、倭姫命内宮を造営し、宇治土公家の邸内に猿田彦大神をお祀りしたのが始まりだそう。

「鳥居」

「狛犬」

「子宝池」

「たから石」

舟形石宝船を連想させ、この石は更に蛇が乗っているように見えるため、特に縁起が良いとされます。

「方位石(古殿地)」

拝殿正面に昔の神殿跡を印し、方角を刻んだ八角石柱があり、大神の「みちひらき」の御利益があるそう。

自分の干支に手のひらを当てて祈願すると願い事が叶うとか♪

「拝殿」

御祭神:猿田彦大神を祀り、「みちひらき」の神様として、物事の最初に万事を最も善い方へ導いてくださるそう♪

方位除・開業・災除・家業繫栄・交通安全・開運などの御利益があるとか。

巫女さん絵馬」

「佐瑠女神社」

御祭神は、猿田彦大神の妻である天宇受賣命を祀り、天照大御神を天の岩戸から出すために神楽を舞った伝説から、俳優・神楽・技芸・鎮魂の祖神とされます。

「御神田」

毎年5/5に豊作を祈って早苗を植える「御神田祭」が行われるそう。

【御朱印】

授与所でいただきました。

 


帰りにおかげ横丁で買った、創業120年鈴木翠松軒の伊勢二見名物「くうや観助餅」をパクリ!

粒が残るもち米の中は、あっさりしたこし餡がちょうどよい甘さです♪


<猿田彦神社>

住所:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

電話:0596-22-2554

駐車場:数十台あり(30分無料)

公式URL:http://www.sarutahikojinja.or.jp/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(104寺社・151体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2枚で20%OFFクーポン配布【販売枚数20万枚突破】【総合ランキング1位獲得】…
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/8/8時点)

楽天で購入


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする