【三重】お金がカエル、無事カエル「二見蛙」がいっぱい♪「二見興玉神社」の御朱印帳と御朱印

平成29年2月12日

三重県伊勢市の「二見興玉神社」へ。

伊勢志摩国立公園「二見浦」の海岸沿いに鎮座します。

その昔、倭姫命(やまとひめのみこと)がこの地を訪れた際、あまりの美しさに二度振り返った!ことから、「二見」と名付けられたとか。

伊勢湾を一望しながら、砂浜を進むと・・・

神社の鳥居が見えてきました。

「二見興玉神社」(ふたみおきたまじんじゃ)は、垂仁天皇の御代に倭姫命天照大御神の御鎮座地を求めて訪れた際、猿田彦大神御出現の神跡「興玉神石」を敬拝するため、夫婦岩に注連縄を張って遥拝所を設けたのが始まりとされます。その後、天平年間に僧行基「興玉神社」を創建し、明治に宇迦御魂大神を合祀して「二見興玉神社」と称したそう。

古くより、お伊勢参りはまず当社を参拝し、二見浦の海水で心身を清めて禊をする「浜参宮」という習わしがあるそう。

「二見蛙」

境内には猿田彦大神のお使い「二見蛙」がたくさん!

お金がカエル、無事カエル、貸したものがカエルそう♪

「天の岩屋」

を司る宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)を祀り、天照大御神が隠れられた「日の入処」のひとつとされます。

「満願蛙」

水中のに水を掛けると願いが叶うそう。

「拝殿」

御祭神:猿田彦大神を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などに御利益があるそう。

夫婦岩の絵馬

「輪注連縄」

身体をさすって身のけがれや悪い所を輪注連縄に託します。

ちょうど鳥居のフレームに夫婦岩が納まりますね♪

ここにも「二見蛙」が!

「夫婦岩」

二見と言えば、言わずと知れた夫婦岩ですね!

沖合約700m先に鎮まる、猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」日の大神」を遥拝するための天然の鳥居とされます。

「龍宮社」

海の神・綿津見大神(わたつみのおおかみ)を御祭神とし、海上安全が祈願されます。

「契りの松」

江戸時代に阿波国の若い男女をした際、着物を松の木に掛け、夫婦の契りと子孫繫栄を祈願したと伝わります。

【御朱印】

授与所でいただきました。

8月に参拝した時と授与所の位置が移動していてビックリ!

冬場は強風による高波対策かな?

【御朱印帳】

カバー付き、小さいサイズです。

二見蛙が可愛いですね♪

古くからのお伊勢参りの参拝順序に従って、次は外宮に向かいます。


※二見興玉神社


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・134体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

🌸全国の【御朱印帳】まとめ

【都道府県別の御朱印帳一覧】
都道府県別にこれまでいただいた【御朱印帳】をまとめました。 私の場合は、御朱印帳を都道府県別、お寺と神社別、日蓮宗や霊場専用などで分け...
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

御朱印帳しおり【とんぼ玉】千鳥(紺)【05P03Dec16】
価格:1728円(税込、送料別) (2017/2/15時点)


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする