【京都】たくさんの狛○○に会える「大豊神社」と「岡崎神社」の御朱印(動物シリーズ①)

平成28年9月3日

今回は動物巡りの旅。

哲学の道を散策し、左京区の「大豊神社」へ。

「大豊神社」は、少彦名命・応神天皇・菅原道真を祀り、887年に宇多天皇の病気平療の祈願のために創建されたそう。

ここには変わった狛○○がたくさんいます。

末社の大国社の狛鼠、日吉社の狛猿、愛宕社の狛鳶などは、それぞれの神のお使いとして有名です。

img_0481 img_0482

巻物を持った狛鼠が♂で学業成就、水玉を抱えた狛鼠が♀で無病息災の御利益があるそうです。

img_0483 img_0484 img_0486 img_0485

【御朱印】

朱印の形が面白い♪

次いで、左京区の「岡崎神社」へ。

「岡崎神社」は、794年の平安京遷都に際し、平安京の四方に建立された社の一つで、陽の出ずる都の東(卯の方位)に鎮座することから東天王と称されたそう。

境内の至るところに「うさぎ」が♪

狛兎もいます。

往時、地域一帯が野うさぎの生息地で、多産なうさぎは古くから氏神様の神使い伝えられ、安産の神として信仰されています。

img_0535 img_0536

【御朱印】

社務所でいただきました。ここにもうさぎが♪

他にも狛○○がいればアップしますね。

以上、動物シリーズでした!


※大豊神社

※岡崎神社  http://www.okazakijinja.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...




人気ブログランキングへ


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする