【三重】昔ながらの風情を今に伝える「立坂神社」の御朱印

平成28年12月29日

三重県桑名市の「立坂神社」へ。

「立坂神社」は、10世紀には記録が残るものの起源は不明であり、明治時代に矢田八幡社を合殿し、矢田八幡社となった後、現在の式内立坂神社の名称となったそう。

特に桑名藩主本田忠勝の宗敬深く、以降、代々の藩主の保護を受け、また、戦災を免れたため、昔ながらの風情を今に残しています。

「八幡宮」の文字が残ります。

紅葉は殆ど散っていました・・・

「手水舎」

「拝殿」

御祭神:大日霎貴尊(天照大御神)他9柱を祀ります。

狛犬

境内社「菅原神社」

御祭神:菅原道真朝臣・火産霊神を祀ります。

境内社「子安稲荷神社」

御祭神:宇迦之御魂神を祀ります。

「社務所」

社務所前の木は、苔と草が生えてすごいことに!

【御朱印】

社務所でいただきました。


※立坂神社


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする