【京都】日本槍柱七本の槍の使い手・飯田覚兵衛が開基した「正運寺」と「長圓寺」「法音院」の御朱印【洛陽⑨】

洛陽三十三所観音巡礼⑨

前回の第21~23番札所に続いて、第24~26番札所を紹介します。

第24番札所「長圓寺」

慶長13年(1608年)京都所司代板倉伊賀守勝重が、清巌和尚を開基に請じて建立したそう。

本堂には慈覚大師作と伝わる御本尊:阿弥陀三尊を祀ります。

「山門」

中に数台の駐車スペースがあります。

「仏足石」

「観音堂」

御本尊:聖観音菩薩像は、恵心僧都作と伝えられます。

平安京に疱瘡が流行した際、この観音像を宮中に奉安し、21日間祈願法要したところ、たちまち疱瘡が治まったとの逸話から、疫病除けに霊験があるそう。

【御朱印】

寺務所でいただきました。

第25番札所「法音院」

鎌倉末期の嘉暦元年(1326年)無人如堂宗師により、泉涌寺内に創建されるも、応仁の乱にて焼失し、江戸初期の寛文5年(1665年頃)幕府及び本多正貫の支援により現在の地に再建されたため、駿州田中の城主本多家の菩提寺だそう。

「山門」

「本堂」

御本尊:不空羂索観音菩薩は、あらゆる人を救う羂索(投げ輪)を持つ観音様であり、病なく財宝を得、水難火難を除き、慈悲の心で暮らせるなどの御利益があるそう。

【御朱印】

寺務所でいただきました。

第26番札所「正運寺」

慶長5年(1600年)加藤清正の重臣飯田覚兵衛を開基、深誉上人を開山として創建されたそう。

飯田覚兵衛は、加藤家三傑の一人であり、また槍の使い手として日本槍柱七本(本田忠勝・直江兼続など)の一人でもある豪傑として知られます。

本堂には、御本尊:阿弥陀仏像が安置されます。

「山門」

「観音堂」

御本尊:十一面観音菩薩を祀ります。

【御朱印】

寺務所でいただきました。

(第27番札所「平等寺」洛陽⑩】につづく)


洛陽三十三所観音巡礼(公式) http://www.rakuyo33.jp/index.shtml


第24番札所「長圓寺」

第25番札所「法音院」 http://www.houonin.com/

第26番札所「正運寺」


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...

🌸京都の【御朱印】まとめ(洛陽三十三所観音巡礼編)

【京都】洛陽三十三所観音巡礼の【御朱印】一覧
「洛陽三十三所観音巡礼」とは 洛陽三十三所観音巡礼は、後白河天皇が、広域で巡礼が困難な西国三十三所観音巡礼に代わるものとして、平安末期...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする