【京都】亀の恩返しの伝説が残る「新長谷寺(真如堂)」と「革堂行願寺」の御朱印【洛陽②】

洛陽三十三所観音巡礼②

第1~3番札所に続き、第4~6番札所を紹介します。

第4番札所「革堂行願寺」

寛弘元年(1004年)行円上人の創建されます。

行円上人狩人だった頃、子を孕んだ母鹿を射止めたことを悔い仏門に入ったとされ、上人が常に母鹿の皮の衣を纏い、人々から「皮聖」と呼ばれたことにちなみ、「革堂」と呼ばれるそう。

本堂には行円作の御本尊:千手観音菩薩を祀ります。

(写真を撮り忘れたのでパンフレットより・・・)

【御朱印】

他にも都七福神の御朱印もあるそう。

第5番札所「新長谷寺(真如堂)」

平安中期の永観2年(984年)比叡山延暦寺の僧・戒算上人が延暦寺の阿弥陀如来像東三条院藤原詮子(藤原道長の姉)の離宮に安置したのが始まりとされ、正しくは「真正極楽寺」という天台宗のお寺です。

「本堂」

京都市内の天台宗寺院としては最大規模を誇り、御本尊:阿弥陀如来立像を祀ります。

「三重塔」

宝暦年間(1750年頃)の建立とされ、本瓦葺で高さ約30mあるそう。

「新長谷寺」

平安時代、九条家の祖と言われる藤原山蔭卿の開基とされ、御本尊:十一面観音菩薩を祀ります。

その昔、越前守高房が大宰府に赴任する際、淀川の漁師が捕らえたが不憫で、着物と交換して逃がしてやった。その後、乳母が誤って高房の幼児を海に落としたがが甲羅に乗せて助けたため、恩返しをしたのために寺を建て、観音様を安置したとの伝説があるそう。

【御朱印】

本堂にていただけます。

 

第6番札所「金戒光明寺」

【京都】螺髪が積み重なったアフロ大仏の「金戒光明寺」の御朱印
平成28年9月3日 京都市左京区の「金戒光明寺」へ。 「金戒光明寺」は、浄土宗の大本山であり、承安5年(1175年)法然上人が4...

(第7番札所「長樂寺」洛陽③】へつづく)


※第4番札所「革堂行願寺」

※第5番札所「新長谷寺(真如堂)」 http://shin-nyo-do.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・240体) 特に京都市内は、大小様々な...

🌸京都の【御朱印】まとめ(洛陽三十三所観音巡礼編)

【京都】洛陽三十三所観音巡礼の【御朱印】一覧
「洛陽三十三所観音巡礼」とは 洛陽三十三所観音巡礼は、後白河天皇が、広域で巡礼が困難な西国三十三所観音巡礼に代わるものとして、平安末期...



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする