【京都】紫式部が源氏物語を執筆した邸宅跡「廬山寺」と「清浄華院」の御朱印

平成28年10月8日

京都市上京区の「廬山寺」「清浄華院」へ。

天台圓浄宗大本山「廬山寺」は、天慶年中(938~947年)元三大師良源により、船岡山の南に創建された後、室町時代の応仁の乱など兵火や火事で度々焼失し、天正年間(1573~1593年)豊臣秀吉の寺町建設により現在地に移ったそう。

「元三大師堂」

おみくじの始祖である元三大師良源を祀ります。

拝観料500円を納め、「源氏庭」「本堂」を拝観♪

「本堂」は、御本尊:阿弥陀如来を祀ります。

「源氏庭」

紫式部が結婚生活を送り、源氏物語を執筆した邸宅が、現在の廬山寺の境内を中心とする場所であったそう。境内には紫式部邸宅址の石碑があります。

源氏物語に描かれた「朝顔」は今の「桔梗」のことらしく、拝観時も可憐な紫の花を見せてくれました♪

【御朱印】

拝観受付でいただきました。

 

浄土宗大本山「清浄華院」は、貞観2年(860年)清和天皇の勅願により、天台宗慈覚大師円仁が宮中に禁裏内道場として建立し、当時は(円教)・(密教)・(円頓戒)・(浄土教)の四つの学問を学ぶ四宗兼学の道場であったそう。

また、承安5年(1175年)後白河法皇が法然上人に帰依し、当院を上人に賜ったことから、浄土宗に改められ、以降、念仏道場としての道を歩んだそう。

「御影堂」

御本尊:法然上人をお祀りします。

「泣不動縁起絵巻」

三井寺の智興内供が重病に苦しみ、陰陽師の安倍晴明に占すると、弟子の中で身代わりがいれば代われる言われ、弟子の中で最も若い証空が申し出た。晴明の祈祷により証空が代わりに病を受け、信仰する不動明王に後生を祈ると、不動明王が涙を流し、身代りとして証空の病を引き受けた・・・との絵巻物が残ります。

【御朱印】

寺務所でいただきました。

以上、「廬山寺」「清浄華院」の御朱印でした。


※廬山寺  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/

※清浄華院  http://www.jozan.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...

🌸京都の【御朱印】まとめ(洛陽三十三所観音巡礼編)

【京都】洛陽三十三所観音巡礼の【御朱印】一覧
「洛陽三十三所観音巡礼」とは 洛陽三十三所観音巡礼は、後白河天皇が、広域で巡礼が困難な西国三十三所観音巡礼に代わるものとして、平安末期...




にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする