【三重】「松坂城」が築城された四五百森に鎮座する「松阪神社」「本居宣長ノ宮」の御朱印

平成29年1月2日

三重県松阪市の「松坂城」へ。

「松坂城」は、天正16年(1588年)蒲生氏郷により四五百森(よいほのもり)に築城され、元和5年(1619年)徳川頼宣が和歌山藩主になると同時に和歌山藩領となり、以降、明治まで勢洲領18万石を統轄する城代が置かれたそう。

「表門跡」

石垣が見事な城内を散策♪

「本居宣長旧宅」

記念館として参観できますが、本日は休館日・・・

「二の丸跡」にはきれいなさざんかが♪

「天守閣跡」

「きたい丸跡」

松阪の山々を一望♪

一番左端が堀坂山(757m)、一番右端が白米城跡(312m)です。

城壁の端っこは結構な高さ!(;゚Д゚)

お城巡りもハマりそうですね♪

次いで、四五百森にある「松阪神社」へ。

「松阪神社」は、平安時代以前の創立と言われ、古来「意悲神社」(おいじんじゃ)と称されたが、室町時代末期に蒲生氏郷松坂城を築城した際、城の鎮守社として定められたそう。

長い階段が続く参道を進みます。

「御神木」

樹齢900年以上大楠が聳え、不老長寿・無病息災の象徴とされます

手水舎の狛犬

「拝殿」

奥の本殿は、昭和5年の遷座祭の際、伊勢神宮(外宮)の三御殿の一つ、西宝殿の下附を受けたそう。

「神輿殿」

「少名彦命社」

薬を発明した少名彦命尊は、病気平癒の神とされます。

【御朱印】

拝殿内の授与所でいただきました。

最後は「松阪神社」に隣接する「本居宣長ノ宮」へ。

「本居宣長ノ宮」は、学問の神様・本居宣長を祀り、宣長の奥墓がある旧山室村から、大正4年にこの森に遷座されたそう。

「本居宣長」は、松阪が生んだ江戸期を代表する国学者です。

著作「古事記伝」は、宣長が35年かけた古事記の注釈書であり、国学者として最高峰の研究成果とされます

「拝殿」

学問の神様に因み、多くの受験生が参拝するそう。

【御朱印】

授与所でいただきました。

宣長の和歌

「志ぎしまの やまと心を 人とはば、朝日に匂う 山さくら花」

以上、四五百森の御朱印めぐりでした。


※松阪神社  http://www.matsusakajinjya.com/

※本居宣長ノ宮  http://motoorinorinaga.org/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする