【京都】五重塔が天に聳える「仁和寺」の御朱印と絶品カレーうどん

平成28年12月24日

京都市右京区の世界遺産「仁和寺」へ。

「仁和寺」は、仁和2年(886年)光孝天皇により「西山御願寺」と称する一寺の建立を発願され、宇多天皇により仁和4年(888年)に完成しました。

寺号も元号から「仁和寺」となったそう。

後に宇多天皇が出家し、仁和寺第1世法皇となり、平安~鎌倉期には皇室出身者が代々門跡(住職)を務めました

「二王門」

高さ18.7mで重層、入母屋造、本瓦葺といった、平安時代の伝統を引く和様で統一されています。

「仁王像」阿吽

「本坊表門」「勅使門」

拝観料500円を納め、「御殿」拝観できます。

「中門」

「西方天」「東方天」

「五重塔」

寛永21年(1644年)建立で、塔身32.7m、総高36.18mあり、「東寺」の五重塔同様に上層から下層の幅に差がないのが特徴です。

塔内部には、大日如来無量寿如来など四方仏が安置されます。

「金堂」

現存する最古の紫宸殿であり、御本尊阿弥陀三尊を安置する御堂です。

「経蔵」と「鐘楼」

「御影堂」

檜皮葺を用いた仏堂で、弘法大師像を安置します。

「水掛不動尊」

「九所明神」

「仁和寺」の伽藍を守る社であり、九座の明神を祀ります。

【御朱印】

「御殿」内受付と「金堂」前の納経所でいただきました。

境内はホントに広いので、「御殿」の参拝も含めると数時間はのんびりできます♪

歩き疲れてお腹も空いたので、「二王門」の向かいにある「無庵」(ぶあん)さんでランチにしました。

「本日のランチ」1,300円

豚ハムと冬野菜のミルフィーユ仕立て山椒ソースがけ

鴨のスモーク・羽二重餅付き

「旨辛!生麩と京おあげカレーうどん」900円

どちらも京都らしい素材を使用した手の込んだお料理でまた行きたくなるお味でした♪

特にカレーうどんは、京おあげの柔らかい食感が新鮮で、細めのうどんに辛めのカレーもよく絡み、カレー男子にお勧め一品です!


※真言宗御室派総本山「仁和寺」 http://www.ninnaji.or.jp/

※無庵(ぶあん)


🌸京都の【御朱印】まとめ

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・240体) 特に京都市内は、大小様々な...




にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする