【京都】境内を園児が走り回る「小松谷正林寺」の御朱印

平成28年12月24日

京都市東山区の「小松谷正林寺」へ。

「小松谷正林寺」は、元は平重盛の別邸跡であり、平家没落後は九条関白兼実の別邸となった際、法然上人のためにお堂を建て、建仁2年(1202年)に法然上人を戒師として兼実が剃髪出家した旧跡だそう。

「楼門」

「本堂(大師堂)」

法然上人(圓光大師)九条関白兼実公、鎮西上人を祀ります。

「阿弥陀堂(法王殿)」

御本尊阿弥陀如来、脇に観音菩薩勢至菩薩を祀ります。

「鐘楼」

お寺の一角は小松谷児童館を兼ねているため、境内には遊具や砂場があり、たくさんの園児が走り回っています。

子供たちが出ていかないよう二重の柵がしてあるため、入ってよいものか迷いました~w

【御朱印】

寺務所でいただきました。

圓光大師二十五霊場第14番


※小松谷正林寺


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(114ヵ寺・236体) 特に京都市内は、大小様々な...



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする