【京都】関東一の剛の者・熊谷次郎直実が創建した「光明寺」の御朱印

スポンサーリンク

平成31年3月23日

京都府長岡京市の「光明寺」へ。

「光明寺」は、西山浄土宗の本山であり、建久9年(1198年)蓮生法師(熊谷次郎直実)により創建され、法然上人を開山とします。56,000㎡もの広い境内には洛西一の伽藍を誇り、主要な建物は廊で繋がれます。また、応仁・元亀・天正の兵火や、江戸時代の享保19年(1734年)の火災により度々焼失するも、復興してきたそう。

「総門」

天保16年(1845年)に建立されたそう。

「表参道」(女人坂)

道幅がとても広く、美しい石畳の参道が続きます♪

傾斜が緩やかで、女性でもお年寄りでも登りやすいことから「女人坂」とも呼ばれるそう。

まだまだ続きます!

「手水舎」

「観音堂」

元々の御本尊:十一面千手観音は京都国立博物館に寄託されており、現在は、長く無住となっている粟生観音寺の御本尊:十一面千手観音を安置します。

「鐘楼」

江戸時代前期の特徴がある大型の鐘楼です。

「阿弥陀堂」

寛政11年(1799年)に建立されたそう。

「法然上人立教開宗之像」

寿永3年(1184年)源平一の谷の合戦にて、関東一の剛の者と呼ばれた熊谷次郎直実は、源義経率いる奇襲部隊に所属し、平清盛の甥・敦盛(16歳)を討ち取ります。しかし、若武者を殺めた悔恨の念から武士を捨て、建久4年(1193年)法然上人の下で仏門に入り、修行ののち、建久9年(1198年)光明寺を建立したそう。

「柏槙」(びゃくしん)

樹齢4~500年とも言われ、高さ15m・根元の周囲4.6mの巨木で長岡京市の天然記念物に指定されています。

「御影堂」

建永2年(1207年)四国流罪となった法然上人が、弟子・湛空から形見を願われ、母からの手紙を水に浸して紙粘土のようにし、水面に映った肖像を自ら作られたとされる「張子の御影」が安置されます。

【御朱印】

御影堂内の授与所でいただきました。


<光明寺>

住所:京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1

電話:075-955-0002

駐車場:数台あり(無料)

公式URL:http://www.komyo-ji.or.jp/


🌸京都の【御朱印】まとめ(お寺編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(お寺編)
京都府でいただいた【御朱印】【御首題】を市区別にまとめました。 随時更新中!(121ヵ寺・264体) 特に京都市内は、大小様々な...

🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(68社・126体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...

<楽天広告>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【WEB限定】ブージュルード ハイテンションパンツ 美脚 ストレッチ タック パ…
価格:4990円(税込、送料無料) (2019/4/6時点)

楽天で購入

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする