【京都】女人守護の皇后陛下勅願所「市比賣神社」の御朱印

平成30年10月23日

京都市下京区の「市比賣神社」へ。

「市比賣神社」は、桓武天皇の御代である延暦14年(795年)、京都の左右両市場の商いの守護神として、左大臣・藤原冬嗣公が両市社領内の堀川の西、七条の北に坊弐町を囲い、勅を奉じて勧請された社とされ、天正19年(1591年)現在地に移転されたと伝わります。

また、全国の市比賣社・市姫社の総本宮として信仰を集めます。御祭神が全て女神様をお祀りすることから女性の守り神とされ、良縁・子授け・安産等の御利益のほか、特に女人厄除けの神社として有名であり、現在も「皇后陛下勅願所」とされています。

「手水舎」

「稲荷神社」

「御神水」天之真名井

洛陽七名水の一つであり、神宝の天目椀「天之八塩」で汲み出された若水を、歴代天皇の産湯に用いられたとの伝承が残ります。現在も、絵馬を掛け、御神水を飲んで手を合わせると、心からの願い事が一つだけ叶うと伝わります。

「拝殿」

御祭神はすべて女神様であり、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)・下光比賣命(したてるひめのみこと)をお祀りします。女人守護・市場の交易・商売繁盛の御利益があるとされます。

可愛らしい絵馬

【御朱印】

授与所にて書置きをいただきました。


<市比賣神社>

住所:京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル

電話:075-361-2775

駐車場:なし

公式URL:https://ichihime.net/


🌸京都の【御朱印】まとめ(神社編)

【京都】の市町村別【御朱印】一覧(神社編)
京都府でいただいた【御朱印】を市区別にまとめました。 随時更新中!(63社・107体) 特に京都市内は、大小様々な魅力的な寺社が...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする