【静岡】巨大なハサミに厄切りを願う!「神場山神社」の御朱印

平成30年8月25日

静岡県御殿場市の「神場山神社」へ。

「神場山神社」は、今からおよそ千年前の平安中期に、京都から大山祇命が移されたことに始まり、七百年ほど前には、山仕事に従事するこりたちが、山の安穏を祈ってお参りし、仕事が無事に終わると、道具のオノやナタ、ノコギリなどを奉納していたと伝わります。

また、時代の流れとともに、戦場に向かう人々の無事を祈るため、病気や厄を断ち切るためなど、ハサミを奉納するようになったそう。

「大鳥居」

車道からは、この鳥居を目安に曲がります。

「鳥居」

「御神木」

よろこぶの木とも呼ばれます。

このこぶを三度撫でて、その手で自分の悪い所を撫でると、諸病や諸々の癌を治して下さると伝わるそう♪

「参道」

「手水舎」

富士山の地下水を地下100mより汲み上げているそう。

「狛犬」

「厄切りハサミ」

境内には大小様々なハサミが奉納され、疫病や悪縁を断ち、邪心を摘み取る願いが込められています。また、本殿には、高さ3m、重さ60kgの日本一大きなハサミが祀られています。

「拝殿」

御祭神:大山祇命(おおやまつみのみこと)をお祀りします。富士山を司る木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の父神とされます。

富士山麓の聖場として、大天狗が神社の守り神として奉納されます。

厄切りの絵馬

【御朱印】

授与所で書置きをいただきました。

常駐の神主さんはおらず、地元の方々が毎日欠かさず交代で神社を守っているそうです。


<神場山神社>

住所:静岡県御殿場市神場1138-1

電話:なし

駐車場:100台(無料)


🌸静岡の【御朱印】まとめ

【静岡】の市町村別【御朱印】一覧
静岡県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。  随時更新中!(12社・15体) 【静岡市】 久能山東...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする