【福井】茅の輪をくぐって災難・疫病を予防する♪「木田神社」の御朱印

平成30年7月15日

福井県福井市の「木田神社」へ。

「木田神社」は、貞観13年(871年)奈良興福寺領・木田荘の総社的存在として、御神託により越前国主が尾張國・津島神社より勧請したのが始まりとされます。中世以降は神仏習合により大陸神・牛頭天王を奉斎する疫病退散の祈祷所であったが、明治の神仏分離により「氷川神社」に改称し、須佐之男命等を主祭神とする旧郷社としての社格を得たそう。

「鳥居」

「手水舎」

「えびす宮」

「晴明神社」

平安時代の陰陽師・安倍晴明をお祀りします。晴明が北陸巡遊の際にこの地に立ち寄り、火伏せの法を厳修されると、以来この町内には火事が絶えたため、晴明社を建てたと伝わります。

「鳥居」

「願い牛」

この牛に心を込めて祈りを捧げ、牛の頭を撫でると願いが叶うとされます。

「拝殿」

御祭神:建速須佐之男尊をお祀りし、人身上の災厄と疫難を除いてくださるそう。御祭神は「牛頭天王」(ごずてんのう)とも呼ばれたため、「お天王さん」とも言われます。

「茅の輪くぐり」

7月15~16日の夏越祭では、茅の輪を作法通りくぐることで、疫病・害虫・風水害等をもたらす悪霊・疫神を鎮め、災難・疫病を予防できると伝わります。

願牛の絵馬

【御朱印】

授与所でいただきました。


<木田神社>

住所:福井県福井市西木田2-6-27

電話:0776-35-1755

駐車場:10台程度(無料)

公式URL:http://kidajinja.org/


🌸福井の【御朱印】まとめ

【福井】の市町村別【御朱印】一覧
福井県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(9社寺・11体) 【福井市】 毛谷黒龍神...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする