【三重】桑名藩主・松平定勝公の菩提を弔う「照源寺」の御朱印

平成30年5月6日

三重県桑名市の「照源寺」へ。

東海山「照源寺」は、寛永元年(1624年)桑名藩主・松平隠岐守定勝公(徳川家康公の異父弟)の菩提を弔うため、二代将軍徳川秀忠公の命により、子・松平隠岐守定行公が「崇源寺」を創建し、当地に埋葬したのが始まりと伝わります。桑名藩菩提寺として、徳川家康公の供養をすることにより、桑名藩松平家は徳川家に対して末代に渡って忠誠を示したとされ、現在も徳川家康公木像、御位牌を安置します。

「山門」

「参道」

新緑が美しい季節です♪

「鐘楼」

「夫婦松」

2本のクロマツの太い根が、互いに癒着して連理しており、学術上も貴重な大樹だそう。21世紀に引き継ぎたい日本の名松百選にも選定されています。

「稲荷社」

新緑に朱色の鳥居が映えます♪

海星学園創立者「佐藤信之助翁像」

「金龍桜」

桑名城主・松平定綱公が天台宗金龍寺(摂津)から移植したと伝わります。

「松平家一統墓所」

桑名藩主・松平定勝公をはじめ、定綱・定儀・定輝・定信・定永・定和など歴代諸侯及びその一統の墓所26基が残ります。

「本堂」

御本尊:阿弥陀如来をお祀りします。

【御朱印】

寺務所でいただきました。


<照源寺>

住所:三重県桑名市大字東方1308

電話:0594-22-3924

駐車場:30台(無料)

公式URL:http://shogenji.in.coocan.jp/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・134体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする