【三重】神の使者「アオバズク」が森を守る!上げ馬神事の「猪名部神社」の御朱印

平成30年5月6日

三重県員弁郡東員町の「猪名部神社」へ。

「猪名部神社」(いなべじんじゃ)は、創建時代は不明だが、延喜式内社に列した歴史ある古社として知られます。また、その名の由来である猪名部氏は、摂津国(兵庫県)の猪名川周辺から大和(奈良県)を経て移住した豪族と伝わり、天平17年(745年)東大寺大仏殿建立の総指揮を司ったほか、法隆寺・石山寺・興福寺の建立にも携わったともされ、建築技術・器用さの神として崇敬されます。

「鳥居」

「手水舎」

「神楽殿」

例大祭「大社祭」では、毎年4月に「上げ馬」「流鏑馬」神事が奉納されます。

全国に239ヵ所ある馬の祭事のうち、「上げ馬」神事発祥の地として知られ、多度大社とともに全国に2ヵ所しかない特殊神事とされます。

「髙塚大神」

昔の広大な境内に散在した17基の古墳のうち、最大のものであり、猪名部氏のお墓と伝わります。

毎年4月に東南アジアよりアオバズク(ふくろう)が渡ってくるそう。

この日も仲良い姿を見せてくれました♪

「狛犬」

「御本殿」

全国的にも珍しい前方後円墳の上に祀られた社殿には、猪名部氏の祖・伊香我色男命を主神とし、須佐之男命・天照大御神をお祀りします。東大寺・法隆寺など世界文化遺産を生み出し、建築技術・器用さの神として崇敬されます。

戌年の絵馬


<猪名部神社>

住所:三重県員弁郡東員町北大社796

電話:0594-76-2424

駐車場:10台以上あり(無料)

公式URL:http://www.inabe-jinjya.or.jp/


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・134体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする