【三重】桑名の街並みを一望♪土仏さん「聖衆寺」の達筆な御朱印

平成28年11月26日

三重県桑名市の「聖衆寺」(せいしゅうじ)へ。

「聖衆寺」は、建仁4年(1204年)に京都泉涌寺三代定舜法師によって開創され、永禄11年(1568年)には織田信長により焼かれ廃寺となるも、元瓦師の僧信行により再興されたそうです。

御本尊は信行作の阿弥陀仏で、高さ四尺八寸(約144cm)の土製であることから、「聖衆寺」は親しみをこめて「土仏さん」とも呼ばれるそう。

img_3324

本堂脇の長~い階段を登ると、

img_3328 img_3329

信行作の大黒天像も祀られています。

img_3332

境内は高台にあるので景色がよく、桑名市街が一望♪

img_3335

この日は最後の紅葉が色づいていました♪

img_3336

【御朱印】

御朱印は寺務所でいただけます。なかなか達筆ですね。

img_3355 img_3354


※聖衆寺


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする