【滋賀】琵琶湖に浮かぶ湖中鳥居が美しい♪近江最古の大社「白鬚神社」の御朱印

スポンサーリンク

平成30年3月3日

滋賀県高島市の「白鬚神社」へ。

「白鬚神社」は、近江最古の大社であり、社記によると、垂仁天皇25年(二千余年前)倭姫命が社殿を創建し、天武天皇の白鳳3年(675年)勅旨を以って「比良明神」の号を賜ったと伝わります。また、観阿弥作の謡曲「白鬚」にも謡われ、全国に約300社の分霊社が祀られます。御祭神・猿田彦命のお姿が、白髪で白い鬚を蓄えていることが、社名の由来とも伝わります。

「湖中鳥居」

国道沿いにひときわ目を引く鳥居は、琵琶湖の約60m沖合に位置します。社伝では、古来より波打ち際に鳥居が見え隠れし、天下変災の前兆として、社前の湖中に突然姿を現したと伝わります。

「大鳥居」

「手水舎」

「狛犬」

「絵馬殿」

「永代常夜灯」

江戸時代、京都の近江屋藤兵衛が奉納し、沖往く舟の灯台であったそう。石柱には、「白鬚大明神」「海上安全心願成就」と刻まれます。

「若宮神社」

慶長8年(1603年)豊臣秀頼公による再建と伝わり、御祭神:太田命(猿田彦命の別名とも伝わる)を祀ります。

梅の花が咲き始めていました♪

「上の宮」

石段上には、伊勢両宮・八幡三社・天満神社・波除稲荷社・岩戸社・寿老人社・弁財天社の10社が祀られます。寿老人社は、西近江七福神にも登録されます。

上の宮から境内を眺めます。

「拝殿」

御祭神・猿田彦命は、古くから延命長寿白鬚の神として崇敬され、縁結び・子授け・福徳開運・商売繫盛・交通安全など人の世の全ての導き・道開きの神として信仰されます。また、奥の本殿は、豊臣秀吉公の遺命を受け、慶長8年(1603年)秀頼公の寄進により建立されたそう。

「紫式部歌碑」

平安時代の長徳2年(996年)越前国司として赴任する父・藤原為時に従い、紫式部がこの地を訪れた際に詠んだ歌が残ります。

「みおの海に 網引く民の てまもなく 立ちゐにつけて 都恋しも」

【御朱印】

社務所でいただきました。


<白鬚神社>

住所:滋賀県高島市鵜川215

電話:0740-36-1555

駐車場:数十台あり(無料)

公式URL:http://shirahigejinja.com/


🌸滋賀の【御朱印】まとめ

【滋賀】の市町村別【御朱印】一覧
滋賀県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(34寺社・88体) 最澄が開いた「比叡山延暦寺」をはじ...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする