【三重】運が良ければ遠く富士山を望める♪「金刀比羅宮鳥羽分社」の御朱印

平成30年2月23日

三重県鳥羽市の「金刀比羅宮鳥羽分社」へ。

「金刀比羅宮鳥羽分社」は、「讃岐のこんぴらさん」の名で親しまれ、海の守護神として知られる金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)の全国に六社ある直轄分社の一つとして、昭和31年(1956年)御本宮より御分霊を迎えて建立されたそう。鳥羽分社が鎮座する樋の山は、海抜約120mある鳥羽城の後園であり、遠く霊峰富士や御嶽伊吹の山々を望むことができます。

「鳥居」

車で対向できないほどの狭い山道をどんどん登ると、鳥居が見えてきます。

「狛犬」

珍しく二体とも真正面を向いています。

「拝殿」

御祭神:大物主神・崇徳天皇の二柱を祀り、海上交通の神様として、特に漁業・開運関係者の信仰を集めます。例大祭の「鳥羽みなと祭」では、満艦飾の船を連ねての海上渡御や、御神体を神輿の載せて宮に戻る陸上渡御の神事が執り行われます。

「金」の字の絵馬って御利益ありそうですね♪

拝殿の右手の境内からは、鳥羽湾を一望できます♪

鳥羽十景の一つに指定されており、運が良ければ冬の晴れた朝には、遠く富士山が眺められるとか!!

末社「白龍稲荷神社」

祭祀起源は不詳であるが、もとは白龍神を奉斎し、後に稲荷大明神を合祀して白龍稲荷大明神と称されたそう。一丁ほど山を登った山腹に、奥宮・白龍霊巌も鎮座します。

手水の白龍が色鮮やかです。

御祭神:龍王神(白龍神)・倉稲魂命の二柱を祀り、雨乞いをはじめ諸々の願事を叶え、特に商売繫盛の守護神として崇敬されます。

【御朱印】

授与所でいただきました。

白龍稲荷神社の御朱印もあります。

海上安全の旗もありました!


<讃岐金刀比羅宮鳥羽分社>

住所:三重県鳥羽市鳥羽2-12-20

電話:0599-25-2253

駐車場:約20台あり(無料)


🌸三重の【御朱印】まとめ

【三重】の市町村別【御朱印】一覧
三重県でいただいた【御朱印】を市町村別にまとめてみました。 随時更新中!(103社寺・135体) 何といっても伊勢神宮の別社めぐ...

<楽天広告>


にほんブログ村


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする